スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然農薬

2012.07.09.06:23

 農園の危機管理のひとつに害虫対策があります。ハマキムシ、シンクイムシ、カメムシ、ハダニなどが果樹に危害を与える害虫です。
 そのひとつアブラムシの駆除のために、天敵であるテントウムシを飛ばないように改良して活動範囲を狭め、農園に放そうという実験がされていることが6/29付の天声人語に紹介されていました。「生物農薬」というそうです。トコトコと歩きながらアブラムシを食べていくテントウムシ。生育範囲が限定的なので生態系には影響を与えないとのことで、いずれ「テントウムシ10,000匹」などと注文をする日がくるかもしれません。でも梨の木の葉っぱから葉っぱに移動するためには、やっぱり飛べないと効率が悪いような気もしますが・・・。

「豊楽園」でも春先からアブラムシによって葉に影響がでている梨の木が何本か見つかりました。
《アブラムシによる被害》
アブラムシ

 自然農法とか無農薬栽培が理想なのでしょうが、残念ながら現在のところ最低限の農薬は使わざるを得ません。それでも岐阜県のクリーン農法の散布基準よりも少なくなるように心掛けています。「テントウムシくん頑張ってくれ」と祈りながら・・・

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ほうらくえん

Author:ほうらくえん
豊楽園
岐阜県の中津川市と恵那市の境にある小さな小さな農園です。
梨とリンゴを作っています。
農園の四季を紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログ訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。