スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の営み

2012.11.06.07:04

北風がふき、落ち葉で悩まさられる季節がきました。
我が家の隣(ということは「もとちゃん」の家)には樹齢ン十年の大きな欅の木が数本あります。
ケヤキ
毎年、大量の葉を落とします。

昨年樹木医の先生に聞いた話をご披露します。
写真の左側の欅は葉が一足早く茶色くなって枯れていくように見えませんか?

ところがどっこい さにあらず。
これが欅の生の営みのひとつだということです。
落ちてきた葉っぱを見ると・・・
落ち葉2

この茶色の葉は、ただの葉っぱじゃなくて、子どもを抱いたものだったのです。
欅はまず、この「落下傘ゆりかご」で種子を風に乗せて広範囲に地面にふりまき、その後、その上に大量の葉を落として子どもを保護するとともに成長のための栄養分を与えようとしているのです。

落ちた種が全部大きくなったら、このあたりはあっという間に欅だらけになってしまいますが、残念ながらそうはいきません。
しかし、千分の一、万分の一の可能性を信じて次の世代を育もうとする自然の営みに敬服するばかりです。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

ほうらくえん

Author:ほうらくえん
豊楽園
岐阜県の中津川市と恵那市の境にある小さな小さな農園です。
梨とリンゴを作っています。
農園の四季を紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログ訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。