スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢参り(2)

2013.02.28.20:01

この伊勢参りは各集落から2,3人が集ってバスを1台仕立てて行くわけですが、
この代参には、伊勢神宮でお札をもらうことのほかにもうひとつの目的地がありました。
猿田彦神社へお参りし「お砂」をもらうことです(1袋700円)。

さて、猿田彦の「お砂」とはなにか?

家の基礎を作るとか、石垣をかまうとか、土地の形状を変更をしようとするときに「猿田彦の砂」を撒いてその工事の安全を祈願するという風習があります。1家に1袋(タイ)猿田彦の砂。

そんなわけで村では年に1回「猿田彦の砂」の申し込みが年末の常会で行われています。その砂を貰いに行くわけです。

猿田彦は、手塚治虫の「火の鳥」の第1巻から準主役を務めています。日本書紀で役割は調べてみないとわかりませんが、面倒臭いから今日やめますが、どちらにしても神話上は偉い人でしょう。

そんなわけで猿田彦神社。

全国的には珍しい6角形の鳥居がありました。

駐車場近くのひとつの鳥居が、継いでありました。(写真)

金輪継ぎ

これは「金輪継ぎ」?

でもとても「うまい」

ツネさん いかがですか? 
スポンサーサイト

雛祭り

2013.02.27.21:00

この地区の三大祭り?
「ひなまつり」が今日から来月3日まで開催しています。
hinamaturi

つるし雛の愛好家がたくさんいて、その作品展の様相です。
hinamaturi2

ステージにはこんな雛飾りも
hinamaturi3

今は女の子の節句としてお祝いのようにされていますが、もともとは上巳の節句といって
3月初めの「巳(ミ)」の日に、邪気に囚われないように川辺で身を清め、人形(ヒトガタ)を代わりに水に流し「祓い」を行うことをしていたようです。
雛飾りを早く片付けないと「嫁」にいけないとよくいわれますが、片付けることで「穢れを祓った」とみなすようにしたことの名残りだそうです。

我が家のおひなさまは・・・
hinamaturi4
新暦の2月の終わりから旧暦の3月3日まで1ヶ月以上飾られています。
なかなか娘たちが嫁にいけないはずか。

式年遷宮

2013.02.26.23:09

式年遷宮

1月に伊勢神宮へ初詣に行ってきました。神社の氏子の皆さんの代参という公式参拝で、個人では入れない社の敷地に踏み入ってお参りし、お神楽を見て帰ってきました。
今年は20年に一度の式年遷宮という年です。写真の奥の白いシートはその新しい社です。

今日の新聞によれば遷御の日程が10月に決まったということです。
それにしても550億円もの経費が早々と寄付によって集められたとはたいしたものです。
あの東京マラソンでさえ寄付は2億2000万円だというのに・・・
我々の参拝経費も入っているのかな?

さて伊勢のお土産といえばおかげ横丁の「赤福」ですが、数年前「巻きなおし」で有名になりました。
そんなことを考えていたら、またまた今日は老舗の日本酒に偽装がみつかりました。
あんころ餅は許せますが、お酒はちょっと許せませんね。

といっても若い頃、調理酒を間違って「お燗」され、「うまい」「うまい」と飲んでいたことが発覚。
「どうせ酒の味はわからないから、何を飲ませてもかまわない」というのが我が家の通説となっています。

ご無沙汰ですみません

2013.02.25.21:33

海外旅行に行っていたわけではありません。
大病を患い入院していたわけでもありません。
ましてや豊楽園がつぶれたわけでもありません。

すっかりブログの更新をさぼってしまいました。

正月にたてた大計は①日記はほぼ三が日で挫折②読書は読みかけの本が枕元にいっぱい③3日ごとに更新しようとしたブログは50日もご無沙汰というていたらくです。

この数日でおふたりの知己の方からお叱りと激励をいただきました。

この間、何をしていたかって?

ほとんど酔っ払いの毎日で、更新しなければという脅迫観念も徐々に薄れ、カメラを持ち歩く習慣もだんだんとなくなっていきます。懺悔!懺悔!

今日からまた奮立って発信を始めたいと思っています。
ブログを日記代わりに、ブログのために本を読めれば一石三鳥ですものね。

そんなわけでつまらないかもしれませんが、またピンボケ写真と駄文にお付き合いください。
空白の50日間は順次お話します。お楽しみに。

ところで「豊楽園」
剪定、剪定、剪定・・・ひたすら剪定をしなかればなりませんが

雪が降ると休み。
北風が吹くと休み。
用事があると当然休み。

で、なかなかはかどりませんが、花が咲く前にはなんとか終らせましょう。

切り落とした小枝
切り落とした枝はぼっさぼさです。

これを整理するとこんなもの
整理後

いかに少ない構造体で、有効に太陽光を受け取る空間を占めることができるか
ここにも命の営みがありますね。



プロフィール

ほうらくえん

Author:ほうらくえん
豊楽園
岐阜県の中津川市と恵那市の境にある小さな小さな農園です。
梨とリンゴを作っています。
農園の四季を紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログ訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。