FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頼むぜ風神さん

2012.09.30.16:53

強い台風17号が接近中です。
今晩はとても「中秋の月」どころのではありませんね。
「豊楽園」もあわてて「豊水」を全部獲りきり、早めに閉店しました。

一番怖いのは強風です。

10月末から収穫予定の梨の「新高」
新高の様子

同じくリンゴの「陽光」
陽光の様子

被害が最小限で収まるように「風神」さんのご加護を祈るほかありません。
頼むぜ「風神」さん!!!
スポンサーサイト

米はナマもの

2012.09.30.05:52

我が家の稲刈りは先週末でようやく終わりました。
この地区では一番ラスト。取り残されるとなぜかサボっているようで心理的な圧迫感があります。
自分のペースでやればいいはずですが、やはり横並び意識が働きます。
今年は肥えのやり過ぎなのか、「水」の管理のせいか、稲が倒れた田んぼが多く苦労しましたが、天気にも恵まれなんとか4日間で終わることができました。
大型の台風も近づいているので、一安心です。
稲刈り

従来は「はざ掛け」をして、十分乾燥させてから脱穀をしていたのですが、今はコンバインで刈り取りと同時に「もみ」にしてしまいます。「もみ」は生乾きで放置すると、一晩で発熱して腐り始めてしまうので、すぐに乾燥させなければなりません。そう、米もナマモノなのです。

そのためにライスセンターなるところがあり、刈った先からここに搬入します。
ライスセンター

こうした設備がないとやっていけなくなっています。コンバインやトラクタという機械もそうですが、「農業」も一大装置産業と化しているのです。

ところで収量は、夏の暑さにも恵まれ、昨年よりは若干多そうです。
「お米がほしい」という方はぜひご連絡を。

窮鼠・・・

2012.09.27.05:35

我が家の愚犬と散歩中にこんな猫を発見!!!
猫

ふてぶてしい顔です。
この猫、犬にも向ってくるそうです。鋭い爪で引っ掻くので要注意とのことでした。
ねずみ<ねこ<いぬ という力関係があるから「トムとジェリー」が成り立つのであって、犬が猫に襲われたら目も当てられません。

ところで、「豊楽園」に現れてリンゴをかじっていた「野ねずみ」クンはどうなったかって・・・

あえなく「ネズミ捕り」にひっかかり、密かに荼毘に付されたのでありました。    合掌

百日紅

2012.09.26.07:20

彼岸が明け、急に寒くなってきました。
我が家の今日の最低気温は12℃。「豊楽園」では10℃を下回っているでしょう。

長く花を楽しませてくれたサルスベリもそろそろ終わりです。
これは8月下旬の写真
さるすべり

紅、白、ピンクと並んで咲いていました。

100日間花がもつという「百日紅」ですが、今年は寿命が短いのかも?

新商品

2012.09.23.18:13

「豊楽園」の商品ラインアップがひとつ増えました。

梨のジャム

梨のジャムです。

阿木高校の皆さんが、「豊楽園」の梨(幸水)で作ってくれました。

値段は1コ300円です。

でも、限定20個しかありません。

早い者勝ち!!!

でもなくなったら阿木高校で買えますよ。

彼岸花

2012.09.23.18:08

昨日はお彼岸でした。
我が家の田んぼの土手にも、この日を待っていたように彼岸花が咲きました。
彼岸花3

毎年きっちり彼岸に花を咲かせるところがこの花の真骨頂です。
TVによれば、1日に5,6cm伸びることもあるそうです。そしてやはり開花には「寒さ」の蓄積が必要ということでした。

これは一昨日の写真
彼岸花

そして本日
彼岸花2

彼岸花は「ハミズハナミズ」といって、花と葉っぱを同時に目にすることはないそうです。これから葉が出て、冬までに球根にめいっぱい養分を溜め込み、来年の彼岸の開花に備えるようです。

縄文時代に中国から伝来し、飢饉に備えて「あぜ」に植えられたとのこと。
「飢饉」などという言葉は死語になってしまった日本ですが、彼岸花の咲くこの景色に人間の生きてきた歴史を感じずにはいきません。

栗きんとん

2012.09.21.05:19

山栗
「豊楽園」の直売所への道路上です。
駐車場のところに山栗の大木が2本あって「いがぐり」を落とすため、朝の掃除が日課になっています。

〔注意〕栗の木の下では決して上を見ないでください。
   「いが」が目に入ると失明することもあるようです。
栗の木
山栗は小粒で、食べるのが面倒ですがとっても甘い栗です。


この地方には、全国的に有名なお菓子「栗きんとん」があり、今が最盛期です。
我が家でも時々作ります(山栗ではありませんが)。
栗きんとん

家人によれば、これできっちり30gということです。

市内の有名店のものは一回り小ぶりで1個200円から250円と高価なお菓子です。
100gで1,000円換算となります。

昨日、高山市でマツタケが初出荷され100g10,000円になったというニュースがありました。

それに比べてわが「豊楽園」の梨、リンゴは1㌔=400円売り。
な、なんと 100g40円という安さです。

これで秋の味覚が満喫できれば・・・とってもお得!!!

豊水

2012.09.19.06:35

「豊楽園」の梨の陣は中盤戦に突入。
「豊水」が食べごろとなってきました。
「豊水」は「幸水」に比べると少し酸味があって、本来の梨の味に近いでしょうか。
その名のとおりみずみずしい食感です。

《たわわに実る「豊水」》
たわわな豊水

リンゴは、「つがる」「さんさ」が終わり、しばらくお休みです。


ところで3日間直売所を留守にしていたら、くだんの「野ねずみ」くんは・・・
ついに商品棚のリンゴに手を出し、この始末。一家で来たのでしょうか。
野ねずみ被害

残念ながら駆除という方向になりました。

闖入者

2012.09.18.05:24

この3連休は、「豊楽園」は収穫のはざ間。直売所も臨時休業しました。
心配したとおり「行ったけど休みだった」という苦情、お叱りの声をいくつかいただきました。
自宅まで「梨はないか」と買いに来てくれた人もいました。すみませんでした。
天気が心配ですが、直売は本日より再開する予定です。

ところで、お店の営業に関係なく毎日、小屋を訪れるものがあります。
そして、リンゴを少しかじっていきます。
野ねずみ

ダミーのリンゴを毎日、流しの横に置いておくと、朝はこんな状態です。
野ねずみでしょうか?

今のところ商品にはまったく被害はなく、ひよどりに比べればかわいいものですが、ねずみも繁殖能力は旺盛です。

あまり横着すると駆除されることになるよ。 野ねずみくん。

黄金色

2012.09.17.06:03

「豊楽園」も実りの秋ですが、里でも田んぼが黄金色に色づき、収穫の時期を迎えています。
この3連休で稲刈りをするところがたくさんあるでしょう。
稲刈り

子供の頃、プロ野球の「日本シリーズ」をラジオで聞きながら手伝いをしたことを思い出します。温暖化の影響でしょうか、それとも品種改良によるものでしょうか。ずいぶん稲刈りの時期が早くなってきました。
ゴールデンウィークに田植え、秋の連休に稲刈りというのが、兼業農家の定番となっているようです。

昔は田植えと稲刈りは一家総出のお祭り騒ぎでしたが、今は機械がすべてやってくれるので、それだけありがたみも収穫の喜びもなくなったような気もします。

今は、コンバインという機械で、稲刈りと脱穀を一度に済ませます。
こんな「はざ掛け」、天日干しの光景はめっきり少なくなりました。
はざ掛け

コンバインは脱穀後の「わら」を細かく刻んで、田んぼに撒いていきます。牛の飼料などのために「わら」を保存する農家はめっきり少なくなり、たとえば神社のしめ縄を編むためには、事前に手作業で「わら」を作ってもらうように部落の何軒かに頼んでおかなければいけません。

ところが昨日、こんなコンバインを見つけました。
コンバイン

脱穀後に「わら」を結束してポン、ポンと吐き出していました。
いろいろな機械があるものです。

臨時休業(緊急告知)

2012.09.14.07:32

そんなわけで、「幸水」が終わり次は「豊水」の収穫の準備です。
15、16、17日は直売所を臨時休業します。
一応お知らせしておきますが、ブログを見ているお客さんがどれだけいるかは心配です。

総獲り

2012.09.14.07:26

梨の幸水の季節はあっという間に終わり、いよいよ総獲りです。
それでも丁寧に獲っていったのでおよそ20日間もちました。

軽トラを乗り入れ車上選別をしながら収穫する「善さん」
総取り

選果と出荷の準備をする「くにちゃん」
値下げ3

「幸水」は大幅値下げをしました。
値下げ

 

好き放題

2012.09.12.05:08

梨の幸水、リンゴのつがる、さんさと「豊楽園」の秋の陣の前半戦は終盤に近づいています。しかし相変わらず、「ひよどり」の被害が甚大です。
通常は傷ついた果実はすぐに落とすのですが、わざと残しておきました。
奥の畑のさんさの木はこんな状態です。
ひよどり被害5
これで満腹になってくれればいいなという人間様の思惑をよそに、やっぱり彼らは気まぐれです。
次から次へと突いていきます。

つがるも無残です。
無傷なのは右側の2個だけです。
ひよどり6

黒い流しもキラキラするCD盤も、忌避音もあまり効果がありません。

好き勝手にやれせておくとますます助長するので、防御から攻撃へと報復措置を考えてみました。
①猟師さんに頼んで散弾銃で撃ってもらう。
②鷹匠さんに1週間ぐらい鷹を飛ばしてもらう。
③かすみ網で捕獲する。
④エアガンとかパチンコで撃つ
Etc.Etc。

とはいうものの
当分は「好き放題」やらせておくしかなさそうです。お手やわらかにお願いします。

レジを打つ

2012.09.09.07:30

直売所を開いてから、やっと10日が過ぎました。
梨の「幸水」とリンゴの「つがる」「さんさ」が最盛期。
収穫、選果、陳列、接客、配送用の箱詰、小売用の包装、配達など次から次へと仕事があります。

直売は100円、200円の世界。あまりどんぶり勘定でもいけないということで、「レジスター」を導入しました。
生涯初めてのレジ打ちです。
レジ
慣れてしまえばどうもないのですが、最初は「Err」ばかりで、レジが開かずつり銭が出せないことも。お客さんの前であせること、あせること。

先代の頃からの古い常連さんに混じって、「チラシ」を見て来ましたという新規のお客さんもいて少しは効果があったようです。

「梨が大好き」といって週に何回も来てくれる方。「リンゴがとても美味しかったのでまた来ました」なんてうれしい言葉をかけてくれる方。嬉しいかぎりです。(口に合わなかった人は来ないか・・・・)

人間様の幾度の選抜を潜り抜け、病害虫にも侵されず、ひよどりの攻撃からも逃れてりっぱに成長した梨くんやリンゴさんたちです。
いい人たちに出会えて、美味しく食べてもらえることを祈って、今日もレジを打つことにします。


ホームページ リリースしました

2012.09.04.01:58

「豊楽園」のホームページがリリースされました。
hourakuen.net で検索してください。
できればすぐ「お気に入り」に登録を・・・・

さあやさんの労作です。ご苦労様でした。
「豊楽園」は手作りが信条。不得手なことは誰かが助けてくれます。

HPはまだまだ発展途上ですのでチェックを怠りなく・・・。

餌場と化す

2012.09.02.06:38

強風も怖いですが、収穫前の脅威はまだまだあります。

美味しくなったリンゴの下はこんな惨状
たぬきの被害?
リンゴに掛けた袋が落ち、中身はカラです。
たぬきでしょうか?きつねでしょうか?はくびしんでしょうか?

さらに畑の中は時々、こんな状態に掘り起こされています。ぼこぼこです。
いのししの被害
これはイノシシが、ミミズなどを漁った跡です。幸いにイノシシは果実には手を出しません。

今、一番悩ましいのは「ひよどり」の被害です。
ひよどりの被害
5羽、10羽とやってきて、いろんだリンゴや梨をつんつん、つんつん。そして一番美味しいものを食べていきます。追っ払っても目を離すとすぐにやってきます。早朝から見張っているわけにもいかずお手上げです。隣の雑木林にねぐらがあるのか、完全にひよどりたちの餌場と化しました。

いろいろと対策を調べてやってみました。鳥の嫌がる泣き声(ただし入手できたのはムクドリの)をCDで流したり、ラジオをかけたりしても、すぐに慣れて舞い戻ってきます。
黒い流しも効果がありません。
ヒヨドリ対策

せめてひよどりよ。1日1個で満腹になってくれ。                                
プロフィール

ほうらくえん

Author:ほうらくえん
豊楽園
岐阜県の中津川市と恵那市の境にある小さな小さな農園です。
梨とリンゴを作っています。
農園の四季を紹介します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログ訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。